夏空ノスタルジック

中原まなみのオリジナル小説サイト「夏空ノスタルジック」のblogです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 覆面作家企画6 ランダム感想そのいち (C01 C02 C03 D04 F07)  | main | 覆面作家企画6 ぴんぽいんと推理っぽいもの。 >>
# 覆面作家企画6 ランダム感想そのに (D11 C04 C05 C06 C07 C10 E02 F08)
毎度こんばんは。まなみんです。

覆面6ランダム感想いっくよー!


ランダムの基準。
1.誰かの感想できになった。
2.タイトルできになった。
3.なんとなくクリックしてた。

そんなかんじです。


今回は (D11 C04 C05 C06 C07 C10 E02 F08) の八本です。


◆D11 葬送

わー……いいなぁこれ。じっくりと読ませてもらいました。
ひとりの女性の、これまでの生き方、生き様。それを通してみる、ひとりの男性の人生。
人というのはままならない。だからこそ綺麗だとおもえるのかもしれない。

◆C04 ほんとうの救世主

さいごー!!!! びっくりした!!
ええええ、タイトルそういう意味でしたかっ!
絶望感とともに叩きつけられる無邪気さにぞわっとなります。ひぇ。

◆C05 ともしびの揺れる

むり、こわい。これなんだろうすごく怖い……。
でも目をそらせないんです。そらせないんです! なにこれぇ!
文章が巧みだからだろうか。異常なリアルをもって迫ってくる。それが怖い。すごいんだよ!!! なんなんだよ作者さんなにものだよこのリアル!
怖いよう!!!(涙)


◆C06 あの温もりを思い出せない

>息ができなくて、足が痛くて、なんだか少し泣きたくて、死にたくなるほど、たのしかった。
この感覚、感情、どんなだよ、って言えないんですよね。
字面だけ見るとわけわからんくなりそうなのに、ここまで読んできてこれを出されると、胸がきゅううってする。
わたしこれ好きかもー。かもー。
せんせぇ、がかわいい。でも同時に、なんとなく、痛々しい。その絶妙さ。美味しいです。

◆C07 深夜ドラマは30分ものに限る

お、おおー。おもしろかったw
日常の非日常の不条理さ! これきっと、続編とかもかけそうですよねー。
ドラマの中でのリアルがこっちからみると似非臭いのもなんかこう、つぼついてきてる気がしますw

◆C10 あなたの健康を損なうおそれがあります

これはまた、美味しいタッグものでございます。
だがしかしこの二人には近づきたくない。くさそう(おいこら)。
煙草と酒って交じり合うと異様な匂いがしませんかっ。はっ。合体技の正体……!(違)

◆E02 キドニーパイをひとくち

おいしそう(感想)
……。いやこれだけじゃあれです。
メイドたちの忙しさ、あと女社会のぞわっぷりが判ります。
この「作品の答えを提示しない」形式、なんか終わった後にいろいろ考えてしまいますよね。

◆F08 凱旋の火矢は墜されたし

……琴子だなぁ。って……(帰れ)
感想としてはどうなんだそれってかんじですが、ひたすらああ、ことちゃんやなぁ、って思いながら読みました! 違ったら土下座しかない!!

お伽噺のような。古い昔話のような。
不思議とふわふわした読了感が残ります。何だろうこれ。不思議。ことちゃんや(もういい)
報われないことがあったとしても、幸せになることはたぶん誰にでも得ることの出来る権利やとおもうの。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:45 | category: 覆面作家企画6 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:45 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.manamin.itigo.jp/trackback/80
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Web拍手
Twitter
資料棚
Search this site
Sponsored Links