夏空ノスタルジック

中原まなみのオリジナル小説サイト「夏空ノスタルジック」のblogです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 絵と物語セミナー レポート 2 | main | 絵と物語セミナーレポート 4 >>
# 絵と物語セミナーレポート 3
絵と物語セミナー レポート3

懇親会では、まず、それぞれの先生のお話が聴けました。
なぜ、作家を目指したのか。
作家になっての苦労や、書き方のエピソード。そんな話を教えていただきました。
全部書くのは勿体無いので!w 今回もぴぴっときた言葉を。


・5年生きていればその後も生きている
・一生書きたければプロになれ

・デビュー後はプロと同じ本棚に並ぶことになる
・子供はその時代を吸収して生きている

・児童文学はなかなか食えない(切ない…)
・働きながら書いていた
・細切れの時間で書く。
・書きたい気持ちは書かなきゃ沸かない。
・毎日書くことが、筋肉になる(ものすごく耳が痛い)

・取材も、アマチュアでも礼を尽くせば答えてくれる。

・亀怖い(!?w 自分のメモがこれでしたwww 当日、あの場にいなかったかたには、
なんのこっちゃでしょうが、あれはもうあの場だけのおたのしみです…)

・新人の発掘は、同人誌読むとか紹介してもらうとかしている。

・出だし大事!

・人間の原始的な感情が大事。

・回り道は時に必要。

・200Pをただ書けば小説になるわけではない。ここをこえないといけない、という不分明な領海がある。
そのレベル、ラインは言葉で説明できず、たくさん作品を読むしかない。

そして、参加者からの質問に答えてくださる時間もありました。

・絵本のおもしろさとはなにか。テキストか、絵か。
→何より絵の力が必要。絵と文があっていること。絵と文でひとつ。どちらかで語りつくしてはいけない。

・一次落ちは素質が無い?
→その後もかけるかどうか、というだけのはなし。


そのほかにもいろいろありましたが、ちょっと秘密w


そのあとはテーブルを並べなおし、おつまみと飲み物を用意して、くっちゃべり大会。
Bクラスのかたや絵本コースのかた、講師の先生方ともいろんな話が出来ました。収穫!!
ほんとはもうすこし遅くまで話したりしたかったのですが…。


雪のせいで、停電情報が出回る……。
すでに停電している地域もあるよう。そして告げられる恐怖宣言。

「さくら館はカードキーなので、暖房も消えますがまず部屋に入れなくなります!」

……え。

「最悪この場で雑魚寝です! 出来れば早いうちに部屋に戻ってください」

なにその大災害の図。それは勘弁願いたい……。

というわけで、みんな早々に引き上げましたw

お部屋に帰り、シャワーを浴び、パジャマに着替え。
うちとだもさんのところへ唐沢さんが遊びに来てくださり、延々と創作トーク。
3は大事だ、とか。書く体力、だとか。どうすれば面白くなるのか、とか。なかなか楽しい時間でした。
その後、帰る寸前の濱野先生をつかまえてさらに語り語り語り……。

そうして、夜はふけていったのでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:05 | category: 絵と物語セミナー |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:05 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.manamin.itigo.jp/trackback/68
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Web拍手
Twitter
資料棚
Search this site
Sponsored Links