夏空ノスタルジック

中原まなみのオリジナル小説サイト「夏空ノスタルジック」のblogです。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< マリンチェさんかきなぐり。 | main | 天才魔法使いの天災な弟子について >>
# CD情報☆泡姫と愛の忌み
 おこんばんは! まなみんです!

本日はおしごとでちょっとしたコンクール的なのに出てきました。
疲労!!!w
結果はザンネンでしたけど、たのしかったのでよしっ、です。

さてはて。

本日(もう終わる) 9/19、作詞情報にものせておりますが、
Vlove25っていうCDが発売されました!

一曲、MazoPの泡姫と愛の忌みで作詞参加しております。


MazoPのブログはこちら






さて。で、だな。
詞のことはほとんど語ってもいなかったので、
ちょっくらはなしてみても面白いのかなぁ、なんて。
折りたたんで書いてみますねー


泡姫と愛の忌みについて。



もともとはCD用の曲で、
CDのテーマがバケモノいっぱいゆめいっぱい的なかんじでしたん。

で、そのひとつとして人魚姫、と。

まぁまんまなんですけども。
泡姫ってしたのは、男の子なら誰もが知っている泡姫さんのほうともかけてます。

そーぷじょうさんってやつですよね。
そっち視点で見ると結構えぐいかもしれんです。
魔女ってなんだろうとか。醜い二本の足ってどういう暗示だろうとか。
「あなた」は別の人を愛しているけれど、「あなた」に愛されたいがために「望まない」足を得るってどんなことなんだろう、とか。


ぷらす「こっこ風」をめざしたらああなりました。


女の子はぴゅあできれーで、同時に暗い部分も持ち合わせているんだとおもうんです。
そんな歌詞でした。



まさかKAITOが歌うとは思ってなかったんですけど(笑)
曲をきいて、「ああ、こういう曲はKAITOいいんだなぁ」っておもいました。
たぶん、女の子ボカロが歌うと生々しすぎるというか(笑)
あの詞でも「純愛」とかんじていただけるコメがあるのはたぶん、KAITO効果だとおもいます。

そんなかんじでする!



ほかの詞もやってみようかなぁ???


| comments(0) | trackbacks(0) | 23:07 | category: 作詞 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:07 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.manamin.itigo.jp/trackback/53
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Web拍手
Twitter
資料棚
Search this site
Sponsored Links